MENU

電気通信大学大学院情報理工学研究科
情報・ネットワーク工学専攻
English

科研費シンポジウム

科研費基盤研究(S)シンポジウム 「eテスティング最前線」

eテスティングとアダプティブテスティング、およびそれらの教育応用について科学研究費基盤研究(S) 19H05663(研究代表者:植野真臣)と科学研究費国際情報発信強化(B)18HP2006(日本行動計量学会)の合同で無料オンラインシンポジウム(ZOOMを予定)を開催いたします。海外からはアダプティブテスティングの理論・実践を牽引してきたWim, J. van der Linden 氏を迎え、eテスティングの基礎から最先端技術、教育への応用までを講演・議論します。事前申し込みで先着500名とさせていたます。
科研費情報
 基盤研究(S) 19H05663 「信頼性向上を持続するeテスティング・プラットフォームの開発」(研究代表者: 植野真臣)
開催日時
 2021年1月29日(金) 9:20〜12:40(開始時間を変更しました)
開催方法
 オンライン開催(Zoom利用)
プログラム
  • 9:20〜 9:50 eテスティングの基礎(植野真臣:電気通信大学) [発表資料(準備中)]
  • 9:50〜10:30 eテスティングの最新技術(植野真臣:電気通信大学) [発表資料(準備中)]
  • 10:30〜10:40 休憩
  • 10:40~11:20 「積極的読み」を引き出すCBT読解問題の開発(白水始:国立政策研究所) [発表資料(準備中)]
  • 11:20~12:00 項目反応理論を用いた小論文自動採点(宇都雅輝:電気通信大学) [発表資料(準備中)]
  • 12:00~12:40 オンライン学習・アダプティブラーニングへの応用(堤瑛美子:電気通信大学) [発表資料(準備中)]
参加申し込み
  • 本シンポジウムへの参加をご希望の方は、こちらの「参加申込フォーム」からお申し込みください。参加費は無料です。
  • 参加者に人数制限がありますので、申し込みは必ずご参加いただける方に限定させていただきます。
  • 上記の参加申し込みフォームからは、同日開催の「行動計量学会 国際シンポジウム」にも同時に申し込みが可能です。
  • 申込完了後に参加者専用ページのURLを記載したメールを自動返信にてお送りします。
    自動返信メールが届かない場合には、宇都(uto[at]ai.lab.uec.ac.jp)までご連絡ください。
発表論文集
 準備中
合同開催

 日本行動計量学会 国際シンポジウム 「Advanced technologies for adaptive testing」

 (科学研究費国際情報発信強化(B) 18HP2006 (日本行動計量学会))

 日時:2021年1月29日(金) 13:00~15:00

 オーガナイザー: Wim J. van der Linden

 プログラム:

  1. 13:00~13:20 Introduction to shadow-test approach to adaptive testing
    (Wim J. van der Linden)
  2. 13:20~13:40 TestDesign: An optimal test design approach to constructing fixed and adaptive tests in R
    (Seung Choi, Sangdon Lim & Wim J. van der Linden)
  3. 13:40~14:00 Online adaptive item calibration with polytomous items
    (Hao Ren, Seung Choi & Wim J. van der Linden)
  4. 14:00~14:20 Adaptive testing with complex test specifications
    (Seung Choi & Sangdon Lim)
  5. 14:20~14:40 A two-level adaptive test battery
    (Wim J. van der Linden & Qi Diao)
  6. 14:40~15:00 Discussion

ENGLISH